チャットレディーかおりん★彡の日記です。 日常の私や、チャットのことなどマイペースに更新して行きます。
子供の誕生日におじいちゃん(私の父)が、子供に
クワガタを買ってきました。
クワガタ

うちの近所ならいっぱいいるだろうとお思いのみなさん
最近はこんな田舎でも減ってます。
カブトとりとかクワガタとりの子供を見ません、、、
それだけ、田舎の昆虫も減ったんだよねぇ、、、、
最近虫ネタ多い?


で、子供に買った翌日に自分のクワガタも買ってきて
子供のクワガタと戦わせる父を見た、、、、、
( ̄▽ ̄;|||) お”~~汗

でね、子供のクワガタの足が、、、
脚
(*μ_μ) イヤン♪



足は生えないらしい、、、、、
コメント
この記事へのコメント
ちょwww
これは痛い・・・いろんな意味でw

てか、自分で買ってきて戦わせなくても・・・
買ってもらった子供カワイソス(´・ω・`)
2010/07/31(土) 10:29 | URL | outlaw #VqgtLSQ6[ 編集]
わての子供の頃はクワガタの方から家に迷いこんできたりしたものです。今は採るものから、買うものですもんね。
ところで、振り付きのクワガタさんの歌知ってますか?
2010/07/31(土) 17:18 | URL | おかず #-[ 編集]
足が ちょっと くわがった。 <ちょっとなまってます ^v^
2010/07/31(土) 21:11 | URL | ライク #-[ 編集]
どこにでもいたのにね
横浜で生まれ育った俺でも、クワガタやカブトムシは捕るもんでした。

薮を抜けてクヌギの木のあるところまで蚊に刺されながら行ったもんです。 

樹液には様々な昆虫が寄ってくるんですよね。 蝶・蛾・蟻・
スズメバチ。 そしてこれらを狙う小動物も良く見かけました。(イタチみたいなヤツとかね)餌を摂っている昆虫達は集中してるからか警戒感が低く、スズメバチすらも攻撃的ではありませんでした。 もうね、手づかみ状態でしたよ。

ただもう、当時から開発が進んできていて、餌場が少なかったからそうだったって話も今考えてみたらあったのかもしれませんね。

樹液が出るところが木の上の方にあることもあるので、一本一本木を蹴飛ばして、揺らして落ちてきた昆虫を目を皿のようにして探したり・・・・。 ドス!って音がしたらヘビだったなんてこともあったなぁw

当時団地のような大きな建造物は少なかったので、その街灯に昆虫が寄ってくるので、団地巡りなども良くしましたねぇ。
虫かごは常に3-40匹のカブトムシやクワガタでいっぱいでした。比較的弱ってくると山に離したりしてたなぁ。

中には与えた餌を絶対取らないものとかもいるんですよね。(特にメスクワガタは、おがくずに潜ったまま出てきませんでしたねぇ)


2010/08/01(日) 00:16 | URL | Night2k #-[ 編集]
クワガタは捕まえにいくら面白いのよ?
子供の頃近所のお兄ちゃん達とよく行ったわ。
2010/08/03(火) 07:57 | URL | くるみん #-[ 編集]
弘前のクワガタ事情
クワガタ2匹が飼育ケースにいた。
聞いた所、銀行で貰ったんだとe-451

エサをほとんどやっていなかったみたいで、帰省2日目にメロンをあげたけど3日目には1匹死んでいたe-447

で、姪たちは「また銀行でもらってきて~」と言ってたよ。
(世話しないくせにぃ)

ちなみに弘前では蝉の鳴き声がまったくしなかった。
ウチ(横浜)は昼も夜も大合唱なのに。

P.S.くそじぃじだな。大人気ない。
2010/08/04(水) 21:06 | URL | かおりんの姉 #vkcXtX9g[ 編集]
>アウト でも、結構楽しんでたよぉ
なお、父のクワガタは、2匹で喧嘩したらしく一匹穴だらけになって死亡してました(^-^;

>おかずさん うちによく迷い込んだのはカミキリムシだったよぉ♪
クワガタさんの歌は、知りませんでした(^-^;

>ライクさん なまってますねw

>ナイトさん 私は、クワガタやカブトとりはしたことないんだよねぇ
以前は、大きな衣装ケースで飼って、幼虫もたくさんみたいな家もあったんだけど
最近はそういうのもあまり聞きません。

>くるみん くるみんもやったのねぇ
今は、何でも売っている時代になっちゃってるよねぇ、、、

>お姉ちゃん 青森行ってたんだってねぇ(o ̄ー ̄o) ムフフ
今は、昆虫にきゅうりやメロンなどをあげるのはあまりよくないと言われていて
昆虫ゼリーがメインの食事らしい
そういえば、こっちも今年は、蝉の声をあまり聞かないような?
2010/08/05(木) 01:04 | URL | かおりん★彡 #-[ 編集]
コメントを投稿する(投稿する前に今一度ご確認ください)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaorindayo.blog60.fc2.com/tb.php/1366-46cf7f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック